【美白の大敵】メラニンの影響はあそこにも関係ありました

投稿日:

デリケートゾーンや乳首、そして膝頭や肘、わきの下、これらは女性が黒ずみを気にする部分です。産まれたばかりの赤ちゃんの肌はモチモチして白い肌なのに、成長するに連れて、残念なことにこれらのパーツの黒ずみが目立ってきます。あの赤ちゃんのような肌に戻れればいいのに…と思い巡らせてしまう人も多いですよね。

そもそもなぜ肌が黒ずんでしまうのか…そこには原因となる【ある要素】がありました。

それは…【美白の大敵】メラニンです。

デリケートゾーン黒ずみ原因

メラニンといえば、言わずと知れた顔にできるシミの原因ですよね。紫外線の影響で肌の奥にあるメラノサイトが、メラニンという色素を生成します。メラニンは、一方的に悪者のような見方をされているのですが、もともとは紫外線から細胞核を守るためのバリアの働きをしています。

肌のターンオーバーにより、メラニンは体外へと排出されます。この排出のサイクルが整っているとシミになることはありません。しかし過剰な紫外線を浴びるとそれだけメラニンの生成も活発化して、ターンオーバーが追いつかなくなります。

他にも加齢やストレスなどでターンオーバーのサイクルが乱れることにより、メラニンが肌の中に滞留してしまいます。簡単に言うと新陳代謝が悪くなった状態ですよね。

そうなるとメラニンは色素沈着してしまい、シミとなって現れます。これと同じ原理で、デリケートゾーンにもこのメラニンが沈着するようになって、黒ずんでくるのです。

なぜメラニンがデリケートゾーンに沈着するの?

疑問

メラニンの役割は、紫外線から肌を守ることです。守るために生成されて、肌のターンオーバーのサイクルの乱れにより、肌に蓄積されていき、そして残念なことにそれが黒ずみとなって肌の表面にあらわれてくるのがシミでしたよね。でもデリケートゾーンの場合は、紫外線の刺激を受けることはちょっと考えにくいです。

そこで考えられるのが紫外線以外の刺激です。

デリケートゾーンの肌は実をいうと「まぶた」よりも薄いため、その名のとおりとても敏感なのです。そのデリケートな肌への外部の刺激に対する防御反応によりメラノサイトからメラニン色素が過剰に分泌されます。

デリケートゾーンのメラニンは、外部との摩擦の刺激から肌を守るために活発に活動します。そしてシミと同じようにターンオーバーの乱れにより、黒ずみとして滞留してしまうのです。

具体的な刺激の原因となるのは、化学繊維を使った下着ガードルの締め付け体にピッタリのジーンズなどがありますよね。また生理ナプキンも刺激になってしまう場合があります。こういった摩擦の刺激がメラニンの増殖へとつながり、黒ずみとして私たちの目の前に現れてきます。

デリケートゾーンに限らず、乳首や膝頭、そして肘の外側も、同じように外部からの刺激が原因となって黒ずんできます。

黒ずんでしまったデリケートゾーンは白くなるの?

黒ずんでしまったデリケートゾーンをなんとか白くしたいと願うのが女心です。特に水着を着るときや、彼とエッチをするときに、デリケートゾーンの黒ずみが気になって、イマイチ楽しめないのは悲しい話です。デリケートゾーンの黒ずみの原因となるメラニンが、顔に蓄積した時にはあの憎きシミとなって表に出てきます。

デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素による色素沈着ですので、解消するためにはやはりメラニン色素の排出やメラノサイトの活性化を抑える作用のある美白クリームが有効となります。顔用の美白クリームでも良いのでは?と思ってしまいますが、デリケートゾーンの肌は前途のとおり大変薄く、敏感ですので、顔用の製品は刺激が強すぎることもあります。

デリケートゾーン専用の美白クリームは、「保湿成分」「黒ずみケア成分」「殺菌作用のある成分」等、デリケートゾーンでも安心して使える成分が配合された製品となっています。デリケートゾーンの美白ケアには必ず専用の美白クリームを使用しましょう。

顔にシミを発見したら、真っ先に美白化粧品でお手入れを始めますよね。一生懸命お手入れをしてあげると、顔にできたシミも段々と色が薄くなってきます。

同じようにデリケートゾーンもお手入れ次第で、黒ずみを薄くすることができるのです。そのためにはデリケートゾーン用に作られている美白アイテムでのお手入れが有効です。

まずは今の黒ずみを薄くするように、お手入れを頑張ってみましょう。

デリケートゾーン用の美白アイテムを持っていると、乳首や膝頭など黒ずみが気になる他のパーツでも使うことができますよ。
美白アイテム

-黒ずみ
-

Copyright© デリケートゾーンお悩み解決ナビ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.