どうしても黒ずみをすぐに治したい時はやっぱり皮膚科?

投稿日:

黒ずみを薄くするぬり薬の成分

黒ずみ 皮膚科黒ずみを薄くする美白成分で一番効果があると言われているのが「ハイドロキノン」です。別名「肌の漂白剤」とも呼ばえれているくらい美白効果が高い成分です。

ハイドロキノンは黒ずみだけではなくて、シミやそばかす、そしてやけど治療にまで用いられているのが現状です。

一般的に美白成分と言われているものには、アルプチンビタミンCそしてプラセンタなどがありますが、これらの美白成分と比べるとハイドロキノンには約100倍近い美白効果があります。

じゃあ、黒ずみをすぐに治したいと思ったのなら、この「ハイドロキノン」が含まれているぬり薬を塗ればいいってことですよね。

皮膚科で処方してもらえるハイドロキノンの落とし穴

皮膚の黒ずみのことなので、それでは皮膚科に行きましょう…ちょっと待って下さい。

実はハイドロキノンを処方してくれる皮膚科とういのは正確に言うと「美容皮膚科」なのです。

美容ってつくことからピンと来る人もいるかもしれませんが、保険適用外です。ということはかなり高額のぬり薬になります。
専門科なのであなたの黒ずみ具合を見て、ハイドロキノンの濃度を調整したぬり薬が処方されますが、高いというところがネックですね。

またデリケート部分に使うということで2~4%くらいの濃度のものしか処方してもらえません。

実はこれは市販されているデリケートゾーン用ハイドロキノン入りぬり薬と同じくらいの濃度です。それ以上濃いと肌に悪影響があるので当然と言えば当然ですよね。

薬局で買える市販薬のデメリット

皮膚科と市販薬の濃度が同じくらいなら、安い市販薬を選びたくなりますよね。

でもここにもデメリットがありました。

あなたの黒ずみ程度を自分で判断しなければなりません。そして市販薬のハイドロキノン濃度を調べて、どれにするか決めなければならないのです。

これって結構ハードル高いですよね。

ハイドロキノンってよく効くけどめんどくさい

結果として、ハイドロキノン入りのぬり薬を手に入れようと思ったら、高い美容皮膚科のぬり薬か、いろいろと自分でリサーチしなければならない市販薬かなんですよね。

どっちもどっち、めんどくさいなぁって思ったら、ハイドロキノンは入っていないけど、ゆるやかに美白へと導いてくれるデリケートゾーンの美白クリームを選ぶといいですよ。

劇的な変化は望めないかもしれませんが、専用美白クリームなので使っていて安心です。
美白クリーム

-黒ずみ

Copyright© デリケートゾーンお悩み解決ナビ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.