あそこのかゆみ病院に行くタイミングは?

投稿日:

デリケートゾーンのかゆみ病院に行く?行かない?決め手のタイミング

あそこのかゆみの原因を把握しましょう

あそこのかゆみが気になる・・・多くの女性が一度は経験したことがあるデリケートゾーンのかゆみ。特にあそこ(陰部)のかゆみに関しては、ちょっと相談しづらい部分があります。
デリケートゾーンがムズムズとして、なんかかゆいなって思うけれど、病院に行く段階なのかどうか判断に迷ったら、まず原因を考えてみましょう。

ちょっとしたかゆみで、すぐに治まるのであれば生理的なものである可能性が高いので病院へ行く必要はほとんどありません。しかし「かゆみが長く続く」「かゆみが強い」「オリモノの様子やニオイがいつもと違う」この3つのうち、ひとつでも当てはまるようであれば1日も早く病院へ行きましょう

あそこが痒くなる原因は大きく分けて3つあります。

外的要因によって皮膚が刺激を受けている

病院に行くタイミング

ピッタリとした下着やストッキングを履くことによって、通気性の悪くなったデリケートゾーンは蒸れやすくなります。蒸れた状態が続くと、なんだかムズムズかゆくなってくるのです。

下着だけではなくて、生理ナプキンが蒸れる原因となります。生理中はいつも以上にかゆみを感じるのは、このためですね。

昔に比べると現在のナプキンの質は格段に良くなって、経血の吸収性が高くムレにくい製品が多く出ていますが、逆にその快適さからナプキンを換える回数が減って不潔な状態になってしまうことも。見た目は大丈夫でも雑菌だらけになっているので、これがかゆみの原因になるのです。

化学繊維の生理ナプキンを布ナプキンに変えただけで蒸れにくくなって、かゆみから解消されたという人もいます。布ナプキンに変えるだけじゃなくて、当然こまめな取り換えも大切です。

面倒がらずに、デリケートゾーンを出来るだけ清潔に保てるようにナプキンの交換もまめにしておきましょう。

女性ホルモンのバランスが崩れている

女性ホルモンは、環境の変化やストレスの影響を受けやすいですよね。特に疲れが溜まっている時には、体の免疫力も低下しているので、ホルモンバランスの乱れに伴って、あそこのかゆみが強くなりがちです。

また更年期も女性ホルモンのバランスが乱れて、デリケートゾーンのかゆみやホットフラッシュなど様々な症状に悩まされます。

病的な雑菌がかゆみを引き起こしている(感染症)

病院に行くタイミング一番やっかいな原因がこの「病的な雑菌」です。雑菌の影響であそこがかゆくなってしまいます。

▲膣カンジタ

女性であれば誰でも持っている常在菌の一種であるカンジタ菌によるもの。
常在菌は普段は悪さをしないのですが、体調を崩したりストレスで抵抗力が落ちると増殖しすぎてしまうことがあります。
膣内だけでなく外陰部までかゆくなったり、オリモノがカッテージチーズのように白くポロポロになるのが特徴です。

▲感染性外陰炎

大腸菌やブドウ球菌等の細菌によるもの。
敏感肌やアレルギー体質、糖尿病の人はよりリスクが高くなると言われています。
感染の原因は様々で、何らかの理由で免疫力が低下して感染しやすい状態になっていることをはじめ、外傷や過度な洗浄、性行為によって感染します。
膣炎を併発しているケースも多いです。

▲トリコモナス膣炎

トリコモナス原虫によるもの。
感染の主な原因は性行為ですが、不特定多数の人が利用するトイレ、プール、お風呂、脱衣所などでも感染することがあります。(トリコモナス原虫は、人の体外へ出ても水がある場所ではしばらく生存可能)
原虫は膣内に寄生して炎症を起こしますが、外陰部にも腫れやかゆみの症状が現れます。
オリモノには悪臭があり、色は黄色~淡い灰色、そして泡立つのが特徴です。

▲尖圭コンジローマ

パピローマウイルスによるもの。
感染の主な原因は性行為で、性器や肛門周辺にカリフラワー状。もしくは乳頭のようなイボができて、軽いかゆみを伴うことがあります。

病的な雑菌が原因となってかゆみがひどい場合には、病院に行って適切な治療を受けるようにしましょう。

病院に行くタイミング

デリケートゾーンのかゆみを感じたら、まず、締め付けのないボトムスや下着に変えて、なるべく通気性の良い状態を保って十分に睡眠をとりましょう。しっかりとした睡眠を取って、体力を回復させるだけでもかゆみが軽減することがあります。

またデリケートゾーンを清潔にすることも大切です。その時には、刺激が少ないデリケートゾーン専用の石鹸を使うようにしましょう。
デリケートゾーン石鹸

こんな症状なら迷わず病院へ

病院に行くタイミングしかし、何をやってもあそこのかゆみが治まらないのであれば、もう迷わず病院へ行きましょう。かゆみが起こっている間のオリモノの様子にも注意が必要です。

オリモノの臭いがキツくなったり、色が粘度がいつもと違うとなると、性感染症や細菌性の病気にかかっている可能性が高いので、放置すればするほど悪化してしまう恐れがあります。

いつもと違うと感じたらタイミングを図っている場合ではありません、急いで病院に行きましょう。

  • どうしてもかゆみがひどくて我慢できない
  • オリモノがいつもと違う
  • 性交渉のあとにかゆみを感じている

こういった症状の時には、手遅れにならないうちに病院で診察を受けてください。

病院に行ってどの科にかかればいいか迷うかもしれませんが、デリケートゾーンのかゆみの場合は、まず婦人科にかかります。デリケートゾーンのどの部分がかゆいかによっては、婦人科の先生から、皮膚科でも診てもらうように診断されるかもしれません。

初めて婦人科が不安な時には

さくら
婦人科って初めて行く時には緊張するわよね。

そうよね。初めてでなくても何回行っても婦人科の内診は不安よね。
かえで

さくら
私は初めて婦人科に行く時には女医さんを選んだの。

女医さんなら恥ずかしさもいくぶんましかもしれないわね。
かえで

管理人
管理人
ちょっとでも不安材料を取り除くためには、女医さんのいる病院を選んでみると少し気が楽になりますよ。

-かゆみ

Copyright© デリケートゾーンお悩み解決ナビ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.