もしかして私の恥垢が多いのかなと思ったなら洗い方をチェック

投稿日:

デリケートゾーン正しく洗っていますか?

デリケートゾーン恥垢多い女性のデリケートゾーンを手鏡でよく見てみると、白いかすがこびりついていますよね。それは膣からでるオリモノや分泌物、尿などが交じり合って白い粘り気のあるかすになった【恥垢】です。

そして厄介なことにこの恥垢がデリケートゾーンのにおいの原因ともなっています。

あなたはデリケートゾーンを洗うときにどんな風に洗っていますか?

  • ボディソープをタオルにつけてゴシゴシ洗ってる
  • ささっとシャワーをかけるだけ

こんな風に洗っている人は要注意です。ゴシゴシ洗っている人は、デリケートゾーンの表面は洗えているかもしれませんが、恥垢はデリケートゾーンのひだの奥に溜まるものなので、ゴシゴシの割には落ちていないことが多いです。

また普通のボディソープを使っているので、キレイにしているつもりが、洗いすぎて有効な菌までも流してしまいます。そうすればデリケートゾーンの抵抗力が落ちてしまって、病気にかかりやすくなります。

逆にシャワーをかけるだけの人も、ひだの奥の恥垢までは洗えていないのです。恥垢は肌にこびりつくようについているので、シャワーを流しただけでは落ちません。

間違った洗い方をしていると、恥垢はどんどん溜まっていくので、恥垢が多いなと思ったら自分の洗い方をチェックしてくださいね。

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンはひだが入り組んだ複雑な構造をしています。そのひだの奥に恥垢が溜まっているので、まずはひだを広げてどのあたりを洗えばいいのかを、手鏡を使って確認してください。

洗う場所がわかったら次は石鹸の用意です。

一般のボディソープは、デリケートゾーンを洗うにはちょっと洗浄力が強いものが多いです。ですからできればデリケートゾーン専用の石鹸を用意してくださいね。
デリケートゾーン石鹸

デリケートゾーン恥垢多い
石鹸の用意ができたら、泡立てネットなどを使って、石鹸をしっかりと泡立てます。その泡でデリケートゾーンを包み込むようにして洗いましょう。

洗う方向は前から後ろです。

洗う時にはタオルは使わずに指の腹を使ってください。

指の腹をひだの奥に滑りこませるようにしながら洗います。間違っても爪を立てたりしないように気をつけてくださいね。

前の方から肛門に向けて洗っていき、最後に肛門の周りを洗います。

この時に膣の中まで洗う必要はありません。中まで洗ってしまうと、病気にならないように膣を守っている菌までも流してしまい、膣内の菌バランスが崩れてしまいます。膣の入口だけを洗うようにしましょう。

ていねいに洗えたら、最後はシャワーでスッキリと洗い流します。

ちょっと面倒なことなのですが、これでデリケートゾーンのにおいも軽減されると思うと、手を抜けないですよね。

洗った後に、デリケートゾーンが乾燥してるかもと感じる人は、保湿効果もある石鹸をつかってみてください。乾燥からかゆみへと発展することがあるので、デリケートゾーンの保湿も大切です。
デリケートゾーン石鹸

-恥垢

Copyright© デリケートゾーンお悩み解決ナビ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.